やってやれないことはない

私は子どものころから体が柔らかくてね。

それに野山で遊んでたから、一通り何でもできたんだけど・・・。

中学校ではテニス部に入りたかった。

けど、エースをねらえが流行ってて、

一年生だけでも何十人?で諦めた。

高校では串本で水泳訓練があったのよ、

X脚で上手く水をけれない私は遠泳できず、

股ずれの恐怖体験だけが残る・・・。

短大は教員養成学校みたいなところで、

全員クラブ活動に入るという暗黙のルール。

そこで体操部か卓球部にしようと思ったけど、

練習日時が合わずにここでも諦め、

なぜか創作舞踊部に入部…(ここからガラッと変わります!わたし!)

そこで身体育成法に出会い、

わたしのコンプレックスであるX脚と猫背にサヨナラできた!・・・

ホンマよ~~~♡

その理由?気になるよね!

同学年で7人入部、2人がクラッシックバレー経験者。

立ち姿だけでも差が歴然。(ショック)

同じように動いているにもかかわらず、全く違う出来上がり・・・

これではいけない!!と頑張った2年間でした。

スポーツと芸術の両方の要素を併せ持った創作舞踊は

呼吸と身体の仕組みを叩き込む身体育成法が基本になっています。

本当に「必死」で頑張りました!

この2年間のお蔭で、

今ダイエット講師のわたしがいると言っても過言ではありません。

「毎日続けていくことで、20年来のX脚が治ってる!」

そんな体験をわたしの体が知っています。

48歳になって

脳ダイエットに出会って、変化した理由が理解できました!

体験と理論が結びついたことが

わたしにダイエット講師デビューを決意させました。

短大時代の劣等感と、努力の積み重ねに感謝!

前田弘子先生との出会いにも感謝!

「やってやれないことはない!やらずにできるわけがない!」を実感したわたしに

リバウンドの恐怖は一切ありませんv^^

そうそう、脳ダイエットは頑張りませんからね~~~

今日は何をしようか!どんなワクワクがやってくるかな?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です