感性と環境と

土日が仕事でしたので、

今日、月曜日の朝久しぶりにゆったりした気分

洗濯物を干し終わり

まったりした時間

クラッシックの音楽を流しながら書いています。

「朝、目覚めのクラッシック」というCDで

これは長男がお腹にいるときから子育て中も

ずっと聴いていたものです。

胎教にモーツァルトが良い!と言われていたおよそ30年前のこと。

そのお蔭かどうかは定かではありませんが

音楽の好きな子どもに成長しました♪

 

hottoke-ki

 

私自身、音楽が好きで

クラッシックが特別に好きと言うわけではなくて

童謡やフォークソングも聴けば、ロックもニューミュージックも聴きます。

学生時代が一番音楽に触れたときでしょうね。

歌うことも好きですが

カラオケのようにマイクを通すより

お腹から思いっきり声を出せる方が気持ちが良いのです♪

短大時代、

声楽の先生に本格的に声楽家を目指してはどうか!と言われた程。

その時、その言葉にのっかっていたら

ひょっとしたら、舞台で「アリア」とか歌っていたかもね(笑)

 

 

音楽好きなわたしは息子も音楽に触れて欲しくって

音楽を聞かせて育てたの

赤ちゃんの時はね

お風呂に入れるとき、裸にするでしょ

その時は「学園天国」に合わせて体操させた!

車での移動中は必ず童謡がかかっていたし

お母さんと一緒の歌に合わせて手あそびも積極的にしたの。

自分が楽しかった~~~

 

そんな母の思いに応えたのかどうだかは「?」だけど

長男は

音楽教室でアンサンブルの楽しさに触れ

ピアノ教室で美しい音色で弾く技術を学び

合唱団でハーモニーと舞台に立つ喜びを知ることに。

作曲もできるから凄いわ~~~

あっという間に親を超えてたわ!

 

 

子どもって環境でどうにでもなる!

(なってしまう・・・)って実感

だから、

本物に触れる機会を大切にして欲しいな!と思う

感性はそうやって育つのじゃないかしら?

 

 

今日は長男のことでしたが

次男・三男も面白いのよ

それはまた今度♪

 

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です